×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 デジタル概論 ハード編 外部接続ケーブル一覧 0から楽しむパソコン講座

周辺機器接続ケーブル一覧  周辺機器の接続のケーブルにはいろいろな種類があります。
使用用途によってさまざまなケーブルがありますが、ここでは現在使用されているケーブルのコネクタ形状を説明していきます。
見たことがないコネクタやケーブルがある場合は参考にしてください。


旧ブラウザ版      新ブラウザ版へ


【豆知識】
WebとWWWの語源

今ではインターネットのことを当たり前のように「Web」という言葉を使用しています。この「Web」という言葉は本来は「クモの巣」という意味で、インターネット網のことを「World Wide Web」(世界中に広がるクモの巣)ということから現在ではWebという言葉が使われました。他にも候補として「World Wide Mesh」(世界中に張り巡らされ網)というのもありましたが、「Mesh(
網)が「Mess(混乱)」に聞き間違えられることからボツになったそうです。
SDカードSSDドライブ【0から楽しむパソコン講座】
▲最初のインターネット
エクスプローラー
画面

PR













ネットワーク関連ケーブル

ネットワークケーブルはLANケーブルから光ケーブルへ変化してきています。

ハードウェアのネットワークケーブル章イメージ 【0から楽しむパソコン講座】 ネットワークケーブルには私たちがよく使用しているLANケーブルの他にAUIケーブル・10BASE-2ケーブル・光ファイバーLANなどがあります。光ファイバーLANケーブルは使用環境によってコネクタの形状が違ってきます。
ネットワーク関連ケーブルの一覧は次の通りです。




LANケーブル
LAN ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 LAN コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】  現在では標準のケーブルとして使われています。10/100BASE-Tをサポートしており、クロスとストレート型があります
。ストレート型はどちらのコネクタも左側のピンから緑、緑、橙、青…という具合に線の色が同じのに対し、クロスケーブルは途中で違う色になっています。
▲LAN ケーブル側 ▲LAN コネクタ側
AUIケーブル
AUI ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 AU Iコネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 10BASE-5仕様のLANに使用されるケーブル
10BASE-5はトランシーバーと呼ばれる機械を使って中継されます
▲AUI ケーブル側 ▲AUI コネクタ側
10BASE-2仕様のLANコネクタ
10BASE-2 ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 10BASE-2 コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 同軸ケーブルを使ってLANを構築しています。
▲10BASE-2 ケーブル側 ▲10BASE-2 コネクタ側
光ファイバーLAN
LC型 ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 LC型 コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 室内のLANなどで使用。コネクタが小さいため、出っ張りなどが小さい。
▲LC型 ケーブル側 ▲LC型 コネクタ側
SC型 ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 SC型 コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 通信キャリアなどで使用。デュプレックス(双方向通信)タイプのものが多い
▲SC型 ケーブル側 ▲SC型 コネクタ側
ST型 ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ST型 コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 バヨネット締結型コネクタで着脱が容易にできます。
▲ST型 ケーブル側 ▲ST型 コネクタ側


ディスプレイ関連

 ディスプレイケーブルは仕様によってさまざまなものがあります ディスレイケーブルの章イメージ【0から楽しむパソコン講座】 ディスプレイケーブルはブラウン管(CRT)時代はアナログ出力のためミニD-sub 15pinが主流でした。しかしディスプレイも液晶ディスプレイ(LCD)となり、さまざまなコネクタが存在するようになりました。液晶ディスプレイ(LCD)は主にDVIという規格のコネクタを使用しております。
また、最近では「HDMI」規格も出現しており、「HDMI」規格は「DVI」規格を基に改良したもので、音声伝送機能や著作権保護機能などAV家電向けにしたものであります。また、「HDMI」は各機器を連動させ操作できる「リンク機能」もサポートしております。

ディスプレイ関連のケーブルの一覧は次の通りです。

ミニD-Sub 15pin
ミニD-sub 15pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニD-sub 15pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 現在AT互換機で標準として使われているケーブルでアナログ出力となります。ノイズ軽減のためフェライトコアがついています。
▲ミニD-sub15pin ケーブル側 ▲ミニD-sub 15pin コネクタ側
D-sub 15pin
D-sub 15pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 D-sub 15pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 NEC-9821シリーズ初期・NEC-9801・Apple Machintoshシリーズで使用されています。
▲D-sub 15pin ケーブル側 ▲D-sub 15pin コネクタ側
BNC
BNC ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 BNC  コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 各色の信号(赤・緑・青)と水平同期を別々に分離したケーブルです。
各信号が別々のケーブルとなっているため、高画質のCRTディスプレイに適しています。
ただし、モニターの自動判別が出来ないためリフレッシュレート等の設定を手動で行う必要があります。
▲BNC ケーブル側 ▲BNC  コネクタ側
DVI-A
DVI-A ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 DVI-A コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DVI規格のアナログ出力用
17ピンの端子でDVI-IやDVI-Dなどのデジタル出力用と互換性はありません。
▲DVI-A ケーブル側 ▲DVI-A コネクタ側
DVI-Dシングル(23pin)
DVI-Dシングル ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 DVI-Dシングル コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DVI規格のデジタル専用出力用
シングルは23ピンの端子で解像度1920dpi×1200dpi
まで対応しています。
DVI-I規格と互換性があります。
▲DVI-Dシングル ケーブル側 ▲DVI-Dシングル コネクタ側
DVI-Dデュアル(29pin)
DVI-Dデュアル ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 DVI-Dデュアル ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 DVI規格のデジタル専用出力用
デュアルは29ピンの端子で解像度2560dpi×1600dpi
まで対応しています。
DVI-I規格と互換性があります。
▲DVI-Dデュアル ケーブル側 ▲DVI-Dデュアル ケーブル側
DVI-Iシングル(23pin)
DVI-Iシングル ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 DVI-Iシングル コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DVI規格のデジタルとアナログ兼用出力用
シングルは23ピンの端子で解像度1920dpi×1200dpi
まで対応しています。
DVI-D規格と互換性があります。
▲DVI-Iシングル ケーブル側 ▲DVI-Iシングル コネクタ側
DVI-Iデュアル(29pin)
DVI-Iデュアル ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 DVI-Iデュアル コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DVI規格のデジタルとアナログ兼用出力用
デュアルは29ピンの端子で解像度2560dpi×1600dpi
まで対応しています。
DVI-D規格と互換性があります。
▲DVI-Iデュアル ケーブル側 ▲DVI-Iデュアル コネクタ側
Display Port
Display Port ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 Display Port コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 VESAによって策定されたDVIに代わる規格。ディスプレーの数珠つなぎに対応しており、マルチディスプレイが可能
DOS/Vパソコンなどで使われています。
▲Display Port ケーブル側 ▲Display Port コネクタ側
Mini Display Port
MiniDisplayPort ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 MiniDisplayPort コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 Display Portを小型化したものでApple社のMac BookやiMacで使用されています。
▲MiniDisplayPort ケーブル側 ▲MiniDisplayPort コネクタ側
HDMI Aタイプ
HDMI A ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 HDMI A コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 HDMIの標準タイプで19ピンとなっています。
▲HDMI A ケーブル側 ▲HDMI A コネクタ側
HDMI Bタイプ
HDMI B ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 HDMI B コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 HDMIのAタイプを横に広げたもので、29ピンのコネクタ。デュアルリンクにより1080pを超える解像度をサポートします。(一般向けに出回っておりませんので写真は合成です。)
▲HDMI B ケーブル側 ▲HDMI B コネクタ側
HDMI Cタイプ
HDMI C ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 HDMI C コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 HDMI-Miniと呼ばれていてデジタルビデオカメラなどに使用されています。19ピン仕様
▲HDMI C ケーブル側 ▲HDMI C コネクタ側
HDMI Dタイプ
HDMI D ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 HDMI D コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 HDMI-Microと呼ばれていて携帯電話(スマートホーン)やデジタルカメラなどに使用されています。19ピン仕様
▲HDMI D ケーブル側 ▲HDMI D コネクタ側
HDMI Eタイプ
HDMI E ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 HDMI E コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 自動車用HDMI端子で、車内の映像用配線に使用されています。19ピン仕様
▲HDMI E ケーブル側 ▲HDMI E コネクタ側

RS-232C

RS-232CはシリアルポートのインターフェースですRS232Cケーブルの章イメージ【0から楽しむパソコン講座】 RS-232Cはコンピュータとモデムなどの「データ回線終端装置」を繋ぐものとして設計されたたものであり、パソコン同士の直接接続やあらゆる周辺機器の接続用に広く使われました。
しかしUSBの普及などにより、現在では使用する機器が少なくなっております。
ケーブルには「ストレート」と「クロス」があり、モデムなどの外部機器を使用する場合は「ストレート」ケーブルを使用します。パソコン同士の直接接続などには自分側の「出力」を相手の「入力」にしなければいけないため「クロス」ケーブルを使用します。
RS-232C関連のケーブルの一覧は次の通りです。

D-sub 9pin
D-sub 9pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 D-sub 9pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DOS/VパソコンやNEC98-NXなどに使用されています。
▲D-sub 9pin ケーブル側 ▲D-sub 9pin コネクタ側
D-sub 25in
D-sub 25pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 D-sub 25pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 外部機器(モデムやプロッター)などや、NEC-9821 NEC-9801シリーズで使用されています。
▲D-sub 25pin ケーブル側 ▲D-sub 25pin コネクタ側
セントロニクスハーフ 14pin
セントロニクスハーフ 14pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 セントロニクスハーフ 14pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 主にNEC-9821シリーズのノートパソコンに使用されています。
▲セントロニクスハーフ 14pin
ケーブル側
▲セントロニクスハーフ 14pin
コネクタ側
ミニDIN8pin
ミニDIN8pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニDIN8pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 Apple社MacシリーズやApple社製のプリンターに使用されています。
▲ミニDIN8pin ケーブル側 ▲ミニDIN8pin コネクタ側


プリンター関連

 プリンターケーブルは現在でも一部使用されています。プリンターケーブルの章イメージ【0から楽しむパソコン講座】 現在はUSB接続が主流でしたが、一昔前までは各コネクタが存在していました。現在も一部USBポートを持たないプリンターも存在します。特にコピー機などの複合機や大型プリンター(プロッター)などはUSBポートを持っていないものもあります。
プリンター関連のケーブルの一覧は次の通りです。





D-sub 25pin
D-sub 25pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 D-sub 25pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DOS/Vパソコン・NEC-98NXのプリンターインターフェースに使用されています。
▲D-sub 25pin ケーブル側 ▲D-sub 25pin コネクタ側
セントロニクス 36pin
セントロニクス 36pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 セントロニクス 36pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 各社プリンターやプリンター切替機などに使用されています。
▲セントロニクス 36pin
ケーブル側
▲セントロニクス 36pin
コネクタ側
セントロニクスハーフ 36pin
セントロニクスハーフ 36pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 セントロニクスハーフ 36pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 NEC-9821シリーズのデスクトップ・ノートシリーズで使用されています。
▲セントロニクスハーフ 36pin
ケーブル側
▲セントロニクスハーフ 36pin ケーブル側
セントロニクスハーフ 20pin
セントロニクスハーフ 20pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 セントロニクスハーフ 20pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 NEC-9821シリーズのノート・EPSONの98互換ノートで使用されています。
▲セントロニクスハーフ 20pin
ケーブル側
▲セントロニクスハーフ 20pin
ケーブル側
セントロニクス 14pin
セントロニクス 14pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 セントロニクス 14pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 NEC-9800・8800シリーズのデスクトップに使用されています。
▲セントロニクス 14pin
ケーブル側
▲セントロニクス 14pin
コネクタ側
ミニDIN8pin
ミニDIN8pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニDIN8pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 Apple社MacシリーズやApple社製のプリンターに使用されています。
▲ミニDIN8pin ケーブル側 ▲ミニDIN8pin コネクタ側


マウス・キーボード

 マウス・キーボードのコネクタはDOS/V・PC-98・Appleで違います。マウス・キーボードケーブルの章イメージ【0から楽しむパソコン講座】 現在はUSBのものが多くなりましたが、現在でもこのコネクタを使用している製品は多く、標準で使用されています。
マウス・キーボードのケーブルの一覧は次の通りです





ミニDIN6pin
ミニDIN6pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニDIN6pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 別名PS/2ポート DOS/Vのパソコンで使用されています。
▲ミニDIN6pin ケーブル側 ▲ミニDIN6pin コネクタ側
DIN5pin
DIN5pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 DIN5pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 別名ATキーボードコネクタ DOS/Vのパソコンで一部使用されています。
▲DIN5pin ケーブル側 ▲DIN5pin コネクタ側
ミニDIN9pin
ミニDIN9pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニDIN9pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 NEC-9821シリーズのキーボードで使用されています。
▲ミニDIN9pin ケーブル側 ▲ミニDIN9pin コネクタ側
ミニDIN8pin
ミニDIN8pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニDIN8pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 NEC-9821シリーズのマウスで使用されています。
▲ミニDIN8pin ケーブル側 ▲ミニDIN8pin コネクタ側
ミニDIN4pin
ミニDIN4pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニDIN4pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 別名ADPポート Apple社MacシリーズやApple社製のプリンターやマウスに使用されています。
▲ミニDIN4pin ケーブル側 ▲ミニDIN4pin コネクタ側

IEEE1394

 IEEE1394はオーディオや映像関連で使われていますIEEE1394ケーブルの章イメージ【0から楽しむパソコン講座】現在はUSBやHDMIなどに代わり、IEEE1394規格を搭載した機器は徐々に少なくなってきていますが、現在も各方面で使用されています。
IEEE1394のケーブルの一覧は次の通りです





IEEE1394 6pin
IEEE1394 6pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 IEEE1394 6pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 IEEE1394機器やパソコンなどで使用されています。
▲IEEE1394 6pin ケーブル側 ▲IEEE1394 6pin コネクタ側
IEEE1394 4pin
IEEE1394 4pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 IEEE1394 4pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 別名DVコネクタ ノートパソコンやデジタルビデオ機器で使用されています。
▲IEEE1394 4pin ケーブル側 ▲IEEE1394 4pin コネクタ側
IEEE1394b
IEEE1394b ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 IEEE1394b コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 パソコン本体やFireWire800に対応した機器で使用されています。
▲IEEE1394b ケーブル側 ▲IEEE1394b コネクタ側

SCSI

 SCSIはちょっと前まで周辺機器の接続で使用されていました。SCSIケーブルの章イメージ【0から楽しむパソコン講座】 各周辺機器に接続するのに使用します。現在はUSBに接続方法が変わったため、あまり使用されていません。SCSIについては前ページに詳しく記載しております。
SCSIのケーブルの一覧は次の通りです。






ピンタイプハーフ68pin
ピンタイプハーフ68pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ピンタイプハーフ68pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 各社ワイドSCSI・ウルトラSCSI機器で使用されています。別名ハーフピッチD-sub
▲ピンタイプハーフ68pin
ケーブル側
▲ピンタイプハーフ68pin 
コネクタ側
ミニチュア68pin
ミニチュア68pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニチュア68pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 Adaptec社SCSI・ウルトラSCSI機器で使用されています。別名VHDCI
▲ミニチュア68pin ケーブル側 ▲ミニチュア68pin コネクタ側
ピンタイプハーフ50pin
ピンタイプハーフ50pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ピンタイプハーフ50pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DOS/V各社のSCSIボードや各社機器で使用されています。別名ハーフピッチD-sub
▲ピンタイプハーフ50pin
ケーブル側
▲ピンタイプハーフ50pin
コネクタ側
セントロニクス50pin
セントロニクス50pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 セントロニクス50pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DOS/V各社のSCSIボードや各社機器で使用されています。別名フルピッチ
▲セントロニクス50pin
ケーブル側
▲セントロニクス50pin
コネクタ側
セントロニクスハーフ50pin
セントロニクスハーフ50pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 セントロニクスハーフ50pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 DOS/V各社のSCSIボードや各社機器で使用されています。別名アンフェノールハーフ
▲セントロニクスハーフ50pin
ケーブル側
▲セントロニクスハーフ50pin
コネクタ側
D-sub 25pin
D-sub 25pin ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 D-sub 25pin コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 Apple社MacシリーズやZIPドライブなどに使用されています。
▲D-sub 25pin ケーブル側 ▲D-sub 25pin コネクタ側

USB

 USBは現在主流の接続方法です。USBケーブルの章イメージ【0から楽しむパソコン講座】 現在の情報機器の接続では最も使用されている接続方法です。USBについては前ページに詳しく記載しております。情報機器の変化によりコネクタ形状も変化していくと思いますが、現在使用されている形状は次の通りです。





USB A
USB A ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 USB A コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 パソコン本体側・USBハブのダウンストリームポートで使用されています。
▲USB A ケーブル側 ▲USB A コネクタ側
USB B
USB B ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 USB B コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 USB機器側・USBハブのアットストリームボードで使用されています。
▲USB B ケーブル側 ▲USB B コネクタ側
ミニUSB B
ミニUSB B ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 ミニUSB B コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 USBカードリーダーやデジタルカメラ・ハードディスクなどで使用されています。
▲ミニUSB B ケーブル側 ▲ミニUSB B コネクタ側
マイクロUSB B
マイクロUSB B ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 マイクロUSB B コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 スマートホーンや周辺機器などで使用されています。
▲マイクロUSB B ケーブル側 ▲マイクロUSB B コネクタ側
USB3.0 A
USB3.0 A ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 USB3.0 A コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 USB3.0のパソコン本体側・USBハブのダウンストリームポートで使用されています。
▲USB3.0 A ケーブル側 ▲USB3.0 A コネクタ側
USB3.0 B
USB3.0 B ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 USB3.0 B コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 USB3.0のUSB機器側・USBハブのアットストリームボードで使用されています。
▲USB3.0 B ケーブル側 ▲USB3.0 B コネクタ側
マイクロUSB3.0 B
マイクロUSB3.0 B ケーブル側【0から楽しむパソコン講座】 マイクロUSB3.0 B コネクタ側【0から楽しむパソコン講座】 小型USB3.0機器に使用されています。
▲マイクロUSB3.0 B
ケーブル側
▲マイクロUSB3.0 B
コネクタ側